レディー

信頼できる美容皮膚科を探そう|匠の技で輝きを取り戻す

美容のかかりつけ医として

ドクターと看護師

医師ならではの頼もしさ

病気になったらいつでもすぐにかかれる病院はかかりつけ医と呼ばれていますが、美容の面でもかかりつけ医を持つことができます。それが美容皮膚科です。近年、皮膚が過敏な人は昔と比べて大幅に増えています。女性である以上、人前に出るときはメイクをしていたいと多くの人が思うものですが、化粧品をつけるとすぐにかぶれてしまうという女性はめずらしくありません。特に最近はアトピー性皮膚炎などに悩む女性が増加しており、そうした女性たちからはメイクしたくてもなかなかできないという悩みが聞かれます。そこで出番となるのが美容皮膚科です。美容皮膚科医は美容のスペシャリストであると同時に、医療のスペシャリストでもあるからです。そのため、肌に問題が生じているときでも気軽に相談し、適したスキンケア法をアドバイスしてもらうことができます。これが単に化粧品の専門家というだけならば、皮膚にトラブルがあるときには頼れません。しかしどんなときでも頼りになるのが美容皮膚科医のありがたいところです。

肌の弱い女性でもOK

美容皮膚科医は、女性の肌がどうすればより健康になれるかということに関して高い専門知識を持っています。また、数多くの女性の肌トラブルを治療してきたという症例数も豊富です。こうしたことから、美容皮膚科の中にはオリジナルのドクターズコスメを開発しているクリニックもあります。通常、化粧品というものはたとえ敏感肌用と銘打ってあっても、説明書きには「肌に異常がある場合には使わないでください」と明記してあるものです。これでは、かぶれや肌荒れ、吹き出物などに悩んでいる女性は日焼け止めや保湿化粧水すら使うことができません。中には無理して使っている女性もいますが、そうしたことは肌トラブルを加速させる可能性があるのでやめた方がよいでしょう。そんなときこそ、美容皮膚科のオリジナル化粧品や、あるいは欧米のドクターズコスメの中から美容皮膚科医が独自に選定してくれた化粧品なら、肌の健康状態がよくないときでも工夫しながら使うことができます。また、美容皮膚科ではあわせて光治療など肌の状態を改善する治療も行ってくれます。こうした総合的な治療を受けられることが、エステとも一般の皮膚科とも違う美容皮膚科ならではのメリットといえます。